保証してもらう|賃貸管理システムを使って住人と住宅の管理をしてみましょう
レディ

賃貸管理システムを使って住人と住宅の管理をしてみましょう

保証してもらう

電卓を持つ人

既にアパートやマンションを借りたことがある人は知っていると思いますが、借家に住む際には必ず連帯保証人が必要になります。借主が家賃を支払うことができなくなった場合に、代わりに家賃を支払い保証するという責任を果たす義務が発生する契約です。今までは、連帯保証人を頼むとすれば親族や親戚に頼むことが一般的な傾向でした。しかし、核家族や親戚付き合いをする人が減ってきているため、気軽に連帯保証人を頼める人が減ってきているのです。そのため、賃貸を借りたくても借りることができないという人が増えています。

ですが、最近はそういった人でも賃貸を借りることができるように家賃保証会社を利用するといった方法があります。家賃保証会社では、連帯保証人となる人がいない借主のために代わりに連帯保証人になってくれるのです。もちろん、家賃保証会社を利用しても家賃は払わなければいけませんし、万が一払うことができない場合でも一定の金額までは、保証会社が建て替えをしてくれるため一度代わりに負担してもらうことができます。家賃保証会社に一度負担してもらった金額は大家さんではなく、保証会社に支払います。場所によって手数料や、負担限度額が違ってくる場合もあるので利用するときは注意しましょう。また、自分で保証会社を探すことが難しい人は、賃貸物件を探すときに連帯保証人不要という記載がされている場所を選んでみてください。そういった物件では、既に家賃保証会社と契約をしているため自分で探す手間をはぶくことができます。